子育て中の食事マナー

子育てにはさまざまなお世話があり、ママパパにとっては忙しい毎日を送ることになりますが、そのひとつに食事マナーがあります。 食べることは毎日何度も行うため、回数を重ねて身につけさせるチャンスが多いこととも言えます。 食事を一人である程度食べられるようになるのは3~4歳頃からですが、 食事のマナーを守ってキレイに食べられるようになるには小学生になってもまだかかることもあるでしょう。 そのため、食事のマナーのしつけは簡単なものから幼少の時より始めておくことがポイントです。

最初は難しいことをせず、家族が食べていることに興味を持っているように感じられれば手づかみでも自分でとって食べるように促してみます。 食べさせてもらっていてもなかなか食べられない時や、食事中に興味がそれてしまう時には楽しく食べられるように雰囲気づくりすることもポイントです。 しかし子供が一人で上手に食べられないうちは、 手づかみで机の上から下までぐちゃぐちゃに汚れたりうまくスプーンやフォークが使えないことから服まで汚れてしまったりすることも少なくありません。 ついお世話する側としては汚されたくなくて手を出してしまいがちですが、できるだけ自由に食べさせてあげましょう。

時間がなくて急いでている時まで無理して自由に食べさせてあげる必要はなく、親も子も余裕をもって食べられる時から始めてみると続けやすくなります。 また厳しくすることもしつけには必要な場面がありますが、 食事マナーをなかなか身につけないからといって厳しくしすぎると子供が食事を嫌がるようになってしまうかもしれません。 当サイトでは子育て中の食事マナーについて解説しています。少しでもお世話の参考にしていただければ幸いです。


◎関連サイト
子育て中は地域の支援を受けることも考えてみてはどうでしょうか。こちらは埼玉県に特化したサイトで、子育てのヒントになる情報があるかもしれません・・・>子育て 地域情報